BearLogi
電話番号
03-6796-2826
 
News
Research
Contact Us
Company
Add News
 
 
 

大和ハウス工業、愛知県犬山市に大型物流施設開発 - (06/06/2013)

大和ハウス工業は531日、ウェブサイトにて、愛知県犬山市に大型物流施設「DPL犬山物流センター」の開発をリリースした。約15,000㎡の敷地に、賃貸面積約22,000㎡の鉄骨造3階建の施設を手がける。

DPL犬山物流センターは東名・名神高速道路「小牧IC」から約5.2km、名古屋港からおよそ30km圏内に位置し、物流企業の進出が多く見られる地域である。

犬山工業団地内の立地の為、騒音や振動に伴う近隣住民とのトラブルによるリスクは低く、24時間操業も可能としている。

 

名 称

DPL犬山物流センター

住 所

愛知県犬山市羽黒新田中平塚1-8

敷地面積

15,239m24,610坪)

賃貸面積

22,717m26,872坪)

用途地域

工業専用地域

建物構造

S3階建

床荷重

1.5t/

梁下有効高

6.5m

設備

EV 3.5t x 2

垂直搬送機: 1.0t x 4

竣工時期

201310月稼動予定

交通アクセス

東名/名神高速道路「小牧IC」 約5.2km

東名高速道路「春日井IC」 約12.6km

中央高速道「小牧東IC」 約12km

名古屋高速「小牧北IC」 約5.5km

中部国際空港 約64km

名古屋港 約31km

名鉄犬山線「楽田駅」から約1.8km 徒歩23

取引態様

貸主

 

ソース: 大和ハウス工業(ベアロジにて編集)



+ センコー、札幌PDセンターに新倉庫を竣工 - (16/04/2013)

センコーは、4月12日、同社の北海道札幌市、札幌PDセンターの敷地内に「札幌PDセンター2号倉庫」を竣工したことを発表した。札幌PDセンターと合わせた延床面積は3万㎡となり、札幌市内でもトップクラスの物流拠点となる。
新倉庫の建設は、札幌PDセンターに隣接する倉庫5棟が老朽化したため、スクラップ&ビルドで事業基盤の強化を図るものとしている。新倉庫の倉庫面積は2万㎡と建て替え前の倉庫5棟の面積に比べ1万5千㎡の増床となる。
新倉庫は、札幌市街地や新千歳空港、苫小牧港へのアクセスに優れているほか、貸事務所用のスペースも備えており、顧客の物流拠点としてだけではなく、営業拠点としても利用も想定。北海道の気候に対応するため、トラックの荷降ろし・積込み作業時に雪が庫内・車内に吹き込まないよう、トラックと倉庫の搬入口を密着させるドックシェルターを18基設置している。
センコーは2005年にイオン向けRDC「イオン北海道RDC」の他、2012年1月にも北海道北広島市に「北広島PDセンター」を稼働させており、北海道地域の倉庫勢力は、この新倉庫と合わせ、3万4千㎡の増床となる12万㎡になる。

 

Senko sapporo 2nd PDC


 

【施設の概要】
1.名称 : 札幌PDセンター2号倉庫
2.所在地 : 北海道札幌市東区苗穂15丁目1-1
3.敷地面積 : 15,504㎡ ( 4,690坪 ) ※札幌PDセンターと同一敷地内
4.建物構造 : 鉄骨造 5階建て (倉庫部分 4階建て)
5.延床面積 : 21,902㎡ ( 6,625坪 )
うち、倉庫面積 20,330㎡ ( 6,149坪 )
6.設備 : 貨物用エレベーター 2基
垂直搬送機 2基
ドックシェルター 18基

 

ソース: センコー(ベアロジで編集・翻訳)

+ 「日本物流不動産ハンドブック2013」、LNEWSに掲載 - (16/04/2013)

ベアロジが今月に発刊した「日本物流不動産ハンドブック2013」が、物流・ロジスティクス・SCM分野の情報を、広範囲に網羅して配信されている"LNEWS"様に掲載されました。

この場を借りて、厚く御礼申し上げます。

http://lnews.jp/2013/04/f041510.html

付属としてCD-ROMデータが利用可能ですので、一社で購入されるとPDFとして社内で閲覧可能となります。詳細については下記にお問い合わせ下さい。

既にご購入頂いた金融機関、事業会社、運送会社、AM会社、不動産鑑定会社、倉庫業者、開発業者様等にも、厚く御礼申し上げます。英語版につきましても、ご予約受付中です。

問い合わせ先:
株式会社ベアロジ
プロジェクトマネージャー
佐藤
sato@bearlogi.jp

+ GLP, CPPIB, ジャパン・デベロップメント・ベンチャー」の自己資本に追加投資 - (05/02/2013)

日本の物流不動産は魅力的な投資機会を提供している。GLPCPPIBが、日本における近代的な物流施設の開発のために50%50%で立ち上げた合弁事業「GLP ジャパン・デベロップメント・ベンチャー」の自己資本に各々290億円 (31,600万米ドル)の追加出資に合意、レバレッジ含め運用資産規模は2,200億円(22億米ドル)に拡大、旺盛な開発意欲を示している。「ジャパン・デベロップメント・ベンチャー」の拡大により、GLPの資産運用プラットフォームは約7,700億円(84億米ドル )に急拡大となった。

 

ソース: GLP(ベアロジで編集・翻訳)



+ プロロジス、埼玉県にて「プロロジスパーク北本」を着工 - (21/01/2013)

プロロジスは1月17日、マルチテナント型施設「プロロジスパーク北本」(延床面積73,857)を埼玉県北本市の建設予定地にて着工したことを発表した。 

プロロジスパーク北本は東京のサブマーケットである埼玉県の圏央道付近に戦略的に位置している。東京のCBDから47kmにあり、顧客は仙台圏、また名古屋圏に圏央道を通じてアクセスすることが可能。4階建のこの施設は2014年初めに竣工する予定となっている。 

【埼玉県のプロロジスパーク】

プロロジスは埼玉県内において「プロロジスパーク川島」(比企郡川島町、マルチテナント型施設、20117月竣工100%稼働中)を含め4棟の施設を運営しており、「プロロジスパーク北本」に加えてマルチテナント型施設「プロロジスパーク川島2」(比企郡川島町)を今春に着工すべく、開発計画を進めています。

Prologis Park Kitamoto

「プロロジスパーク北本」 概要

名称

プロロジスパーク北本

所在地

埼玉県北本市朝日2丁目

敷地面積

35,547 (約10,752坪)

延床面積

73,839 (約22,336坪)

構造

RC造(一部S造)、地上4階建

着工

201212

竣工予定

20143

 

ソース: プロロジス/Prologis Inc(ベアロジで編集・翻訳)

+ アスクル、オリックス不動産より物流施設を購入 - (21/01/2013)

アスクルは19日、東日本エリアの新しい物流拠点となる「(仮称)埼玉物流センター」を埼玉県入間郡に新設し、本年7月より稼動を開始することを発表した。


同施設は、オリックス不動産が建設中の物件を取得するもの。

 

新センター設置で増強となる物流・配送取扱能力により、一般消費者向け事業「LOHACO」の当日配送可能な日用品を倍増させ「ドラッグストアの取扱商材数を上回るEコマース№1を目指し、アマゾンを追撃する」という。

 

同施設の新設により、現状フル稼働となっている東日本エリアでの物流・配送体制を見直し、既存の物流センターが担当する営業エリアを同施設に一部移管。同様に西日本エリアにおいても、ケースセンターを既存の大阪DMC(物流センター)より分離して近隣の新設物流センターに移管している。

取得価格は土地・建物合計で152.5億円。


Askul Saitama

 

<(仮称)埼玉物流センターの概要>

名称

(仮称)埼玉物流センター

所在地

埼玉県入間郡三芳町大字上富字中西1163番地

物件取得日

2013年5月21日(予定)

稼働開始

2013年7月(予定)

敷地面積

55,062 平方メートル(約16,685坪)

延床面積

72,126平方メートル(約21,856坪)

建物階数

地上3階建

投資概算額

土地・建物1525億円、マテハン設備等約40億円(予定)


 

ソース: アスクル(ベアロジで編集・翻訳)

+ 1月31日 ジャパン サプライチェーンネットワーク イベントを開催します! - (18/01/2013)

ベアロジは131日、東京都港区六本木「六本木バール・デルソーレ本店」にてJapan Supply Chain Network (JSCN)イベントを開催します。 

対象: 製造業、小売業等の物流・経営企画等の責任者及び担当者、物流企業、Eコマース、不動産業者、金融機関、物流に関わる出版業者様等 

日付:    131日(木)

時間:    19:00  21:30

場所:    六本木バール・デルソーレ本店 (ファミリーマート隣)

パタータ六本木1F 東京都港区六本木6-8-14  

TEL:      03-3401-3521

参加費無料

ドリンク: ワンコイン!

登録不要!皆様のご参加をお待ちしております。

 

主催:ベアロジ 問い合わせ:03-5411-8336

+ プロロジス、日本で不動産投資信託を設立 - (11/01/2013)

-当初取得資産として12 物件のA クラス物流施設を提供-

 

1月10日、プロロジスは、日本の不動産投資信託である「日本プロロジスリート投資法人」の唯一のスポンサーとなることを発表した。プロロジスは「日本プロロジスリート投資法人」の発行済投資口数の少なくとも15%を保有し、当初取得物件として日本国内に立地する12 物件のA クラス物流施設を提供することになっている。

 

12 棟の鑑定評価額の合計は約1,730 億円(20 億ドル)。ポートフォリオ全体の賃貸可能面積は合わせて960 万平方フィート(89 万平方メートル)、平均築年数は3.4 年であり、主にグローバル・マーケットである東京マーケットおよび大阪マーケットに立地している。

 

「日本プロロジスリート投資法人」は東京証券取引所より上場承認を得ており、長期的に先進的物流施設に投資していく方針。

 

また、「日本プロロジスリート投資法人」はプロロジスが所有する8 物件について、優先交渉権を付与されているのと同時に、スポンサー・サポート契約に基づきパイプライン、オペレーションおよび人的サポートを受けることになっている。また、プロロジスの完全子会社が「日本プロロジスリート投資法人」のプロパティ・マネジメント会社や資産運用会社となることになっている。

 

 

ソース:プロロジス(ベアロジで編集・翻訳)

+ プロロジス、ノルウェー中央銀行と24億ユーロ(約2,640億円)の合弁企業設立 - (26/12/2012)

プロロジスは、12月25日、合弁企業であるプロロジス・ヨーロピアン・ロジスティクス・パートナーズ社の設立について正式契約した、と発表した。同社はプロロジスがヨーロッパ内の11の主要なグローバルマーケットで100%所有していた高品質の物流施設ポートフォリオを取得することになっている。

 

プロロジスのパートナーであるノルウェー中央銀行の投資運用部門(Norges Bank Investment Management : NBIM)はノルウェー政府の年金基金を運用している。プロロジス・ヨーロピアン・ロジスティクス・パートナーズは50:50の出資比率で、24億ユーロ(約2,640億円*)のうち12億ユーロ(1,320億円*)をそれぞれNBIMとプロロジスが出資する合弁会社となる。負債比率は総資産額の15%以下となる予定であり、満期時に返済され、全額出資金での運用となる。

 

契約成立後、プロロジス・ヨーロピアン・ロジスティクス・パートナーズは安定稼働中の195物件、約450万平方メートル(約4,900万平方フィート)から成るポートフォリオを取得。これらのポートフォリオのうち約75%は旧プロロジス・ヨーロピアン・プロパティーズ(PEPR)ファンドで保有した物件であり、25%はプロロジスが直接保有していた物件です。

 

プロロジス・ヨーロピアン・ロジスティクス・パートナーズは今後、投資対象となるマーケットに立地し、現在の資産ベースを補完できる戦略的なポートフォリオを取得することにより成長することを目指す。この取引に関連して、NBIMはプロロジスの普通株式600万株を1株あたり20121219日現在の終値である35ドル64セントで取得する、3年満期の新株購入予約権を受けることになっている。

 

今回の合弁事業により、プロロジスは当初の計画より早くヨーロッパでの資本再構築を完了することになる。これらのプライベート・キャピタル事業はプロロジスの成長の原動力となり、グローバルでカスタマーへ新たな物流施設の提供を可能とすると同時に、プロロジスの資本効率の再配置や収入の多様化をもたらすことを可能とするとしている。

 

プロロジス・ヨーロピアン・ロジスティクス・パートナーズの当初運営期間は15年で設定されるが、さらに15年の延長が可能。契約成立より2年経過後、プロロジスは持ち分を20%に縮小可能とされている。



ソース: プロロジス (ベアロジで編集・翻訳)

 


 

+ 佐川急便、都内最大規模の大型物流施設開設 - (25/12/2012)

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社は1213日、東京都江東区に自社物流施設としては都内最大の最新鋭大型物流施設、佐川東京ロジスティクスセンターを開設したことを発表した。

当該施設は総合物流センターとして、佐川急便千代田店、全国への輸送ネットワークを実現するハブセンター、また流通工程を一括サポートできるロジスティクスサービスの提供可能なマルチテナント型物流倉庫で構成され、佐川急便株式会社東京本社、SGホールディングス株式会社東京事務所など東京のヘッドオフィスも併設している。
都心や主要な港(東京、大井、横浜)、空港(羽田、成田)へのアクセスが良好な立地であり、国際化のゲートシティ対応も可能となっている。


SG Shinsuna  

SG shinsuna 2

 【施設概要】

所在地

東京都江東区新砂2-2-11

敷地面積

28,921.02m2

延床面積

75,266.77m2

物流スペース

4F5F 10,678.12m2/階

構造

S造・SRC

建物概要

地上6階・PH1

 

ソース: 佐川急便(ベアロジで編集・翻訳)

+ IIF、川口LC取得 - (21/12/2012)

産業ファンド投資法人は127日、IIF 川口ロジスティクスセンターを取得したことを発表した。

本案件は明治の物流子会社である明治ロジテックに対する、同社によるCRE戦略提案に基づく相対取引で、売主の売却希望時期に合わせ、手元資金で取得する。

なお、明治ロジテックは継続利用する。


IIF Kawaguchi

■取得資産の概要
物件名称: IIF 川口ロジスティクスセンター
所在地:埼玉県川口市緑町4829

用途地域: 工業地域

面積: 土地:7,397.22 ㎡ 

         建物:11,705.02

建物構造: 鉄骨造陸屋根6 階建
種類: 冷蔵倉庫・事務所
取得価格:177000万円
鑑定評価額:279000万円(価格時点:2012121日)
契約締結日:2012127
取得予定日:20121225日(予定)
取得先:明治ロジテック
取得資金:自己資金
決済方法:引渡時一括

建築時期: 平成14 4
NOI 利回り: 6.7


ソース:IIF(ベアロジで編集・翻訳)

+ GLP、三井不動産 市川塩浜の大型マルチ型物流施設 安全祈願祭を実施  - (20/12/2012)

GLプロパティーズ株式会社と三井不動産株式会社は、現在開発中の大型マルチテナント型物流施設の名称を「GLPMFLP市川塩浜」に決定し、2012年12月13日に安全祈願祭を執り行った。 

既に入居を決めている楽天株式会社は「GLPMFLP市川塩浜」において42,000平方メートル(全体の約40%)の賃貸借契約を締結済。楽天株式会社は、早期契約締結の理由として、既存施設との至近性、都心の顧客向けの当日注文・発送を行う楽天の配送拠点として優位な立地であることを挙げている。

 

【計画概要】

所在地: 千葉県市川市塩浜1丁目623

敷地面積: 52,921m2

延床面積: 121,000m2

構造: 地上5階建て

用途: マルチテナント型 物流施設 設計施工 佐藤工業株式会社

着工: 2012125

竣工   201312月(予定)

GLP, Mitsui Fudosan Ichikawa

GLPMFLP市川塩浜」完成イメージ

 

ソース: GLP,三井不動産プレスリリース(ベアロジで編集・翻訳)

 

+ GLP、東証にJ-REITを上場 - (16/11/2012)

1114日の発表によると、グローバル・ロジスティック・プロパティーズ・リミテッド(以下「GLP」)は、子会社が運用を受諾する不動産投資法人(以下「J-REIT」)に対し、GLPグループの特定目的会社が保有する30棟の物流施設を約2,090億円(26億米ドル)で売却することを合意した。 

GLPはこの売却により約840億円(10億米ドル)の正味手取り金を受領する見込みで、これにより得られる資金を主として日本や中国などにおける物流施設への投資に用いる予定。

GLPJ-REITに対し今般売却する30棟の施設に加えて、GLPグループの特定目的会社が保有する3棟の施設について売買予約契約を締結している。 

また、JREITの投資口は、東京証券取引所不動産投資信託証券市場への上場を承認され、20121221日に新規上場する予定。GLPは、今般のJ-REIT投資口の新規公開(IPO)時に、J-REITの投資主利益とGLPグループの利益を合致させることを目的として、J-REIT投資口の約15%を、グループ会社を通じて保有することを予定している。

 

ソース:  GLプロパティーズ プレスリリース

+ グッドマン、WTORRE社と合弁でブラジルへ進出 - (15/11/2012)

グッドマングループは118日、ブラジルで産業、物流、商業不動産等の開発を手掛ける大手建設会社WTORREと合弁会社を立ち上げ、ブラジルに進出する事を発表した。同社は今後ブラジル国内の主要都市における物流・産業用不動産の開発を行う予定である。

【概要】

・グッドマンとWTORRE50%づつ出資し、WTGoodmanを設立。ブラジルの物流・産業用不動産に特化。

WTORREの地元での経験と、グッドマンが持つ国際的な顧客ネットワーク、ファンドマネジメントの経験を活かせる経験豊富なチームを配置

・投資戦略は最新の物流・産業用不動産を開発し、グッドマンが持つグローバルな投資家の投資対象とする。

WTORREはサンパウロ2ヶ所とリオデジャネイロ2ヵ所の計4ヵ所の開発用地を提供。賃貸可能面積は約850,000㎡になるほか、完成時の価格は約11億円USドル程度になると予想されている。

ソース: グッドマン メディアリリース

+ SGリアルティ、大型物流施設2箇所の建設を発表 - (13/11/2012)

SGホールディングスは11月7日、グループのSGリアルティが大阪府と埼玉県に大型の物流施設を建設する事を発表した。どちらも2014年の竣工を予定している。

 

今年12月には江東区にて佐川グループが利用する最新鋭大型物流センター、2013年秋には柏B棟プロジェクトが竣工予定。

 

【今後の計画】

SGホールディングス㈱・佐川急便㈱ 東京地区ヘッドオフィス

  (東京都、延床面積約75,000㎡、201212月竣工予定)

SGリアルティ柏B棟プロジェクト

  (千葉県、2013年秋竣工予定)

SGリアルティ舞洲プロジェクト 

  (大阪府、2014年春竣工予定)

SGリアルティ東松山プロジェクト

  (埼玉県、2014年秋竣工予定)

 

(ソース)佐川ホールディングス  

+ 楽天、フランスの物流会社を買収、国内外の物流サービス本格化 - (07/11/2012)

楽天は116日、フランスの大手物流事業者Alpha Direct Services(以下:ADS社)の全株式を取得し、完全子会社化を決めたと発表した。

ADS社は、2002年に設立された物流事業者で、高いオートメーション技術を有するフルフィルメントサービスプロバイダーです。独自のイノベーションを用いた物流工程のオートメーション化により、業界最高レベルの物流オペレーションスピードと低コストを実現しています。またECビジネスの物流に関する全工程(eストアの構築、複数の発注元からの注文及び在庫管理、配送効率化、顧客対応)を最適化することで、ネスレやロレアル、オンライン靴販売Sarenza等の大手メーカーから中小小売業者に至るまで、100社以上の幅広い顧客企業のEC事業の物流サービスを総合的に支援しています。

楽天がADS社を買収することにより、物流分野での同社の高い技術力と楽天のEC分野における経験を組み合わせることで、楽天のEC分野での物流サービスの大幅な強化を図ることができるとしている。

海外では、フランスで事業展開をする楽天グループのPriceMinister社のECサイトとADS社の物流サービスの連携をはじめとして、欧州、米国およびアジア地域を含む海外での楽天独自の総合フルフィルメントサービスの展開を本格的に強化していく。

日本でも、楽天市場をはじめとしたグループの物流サービスを強化するため、2010年に千葉県市川市に物流拠点を開設している。

2012年からは、商品在庫の入出荷、保管、梱包、配送、カスタマーサービス、各種付加価値サービスなどの総合フルフィルメントサービス「楽天スーパーロジスティクス」を楽天市場の出店業者に対して提供している。

2013年には、西日本の兵庫県川西市にも新たに物流拠点を拡大し、2014年には千葉県市川市にも新拠点を開設する計画。

日本国内での「楽天市場」の物流拠点でもADS製のテクノロジーを全面的に導入していく予定で、効率性の向上も期待されている。これら一連の取り組みにより、楽天市場での翌日配送サービスの強化等、ユーザーの利便性の向上を目指す。

ADS社の現在の主要株主は、創設者であるAdrian Diaconu(エイドリアン・ディアコヌ)氏とフランスの政府系投資会社FCDE 。買収については、フランス政府機関の承認を必要とする。

ソース: 楽天

+ 楽天/2014年初旬、千葉県市川市に物流拠点を開設 - (07/11/2012)

楽天は11月6日、2014年初旬を目処に、千葉県市川市に新物流拠点RFC(楽天フルフィルメントセンター)を開設すると発表した。

物流サービスの機能強化と規模拡大を目的に整備するもので、施設は、物流施設プロバイダーのGLプロパティーズと三井不動産が共同開発中のマルチテナント型物流施設(仮称)市川塩浜プロジェクトに設ける。

延床面積は約4.2万㎡で、楽天市場をはじめとしたEコマース事業で、東日本をカバーする物流の戦略的拠点として運営する。

楽天が子会社化を予定しているフランスの物流事業者ADS社がもつ業界最高レベルの技術、ノウハウの導入して、Eコマースビジネスの物流に関する全工程を最適化し、楽天市場の出店店舗に対する総合フルフィルメントサービス「楽天スーパーロジスティクス」のサービス品質も向上させていく。

計画地は首都高湾岸線「千鳥町IC」に至近で、東京都心部への交通アクセスが良く利便性に富んだロケーションであることから、周辺は物流施設が多数集積している。また、2015年度には東京外郭環状道路(仮称)高谷JCTが新たに開通する予定であり、埼玉県内部へのアクセスが飛躍的に向上することが見込まれる。

なお、(仮称)市川塩浜プロジェクトの施設全体は、延床面積約121,000㎡の5階建てマルチテナント型物流施設で、2012年12月着工、2013年12月竣工の予定。

■千葉県市川市の新物流拠点の計画概要
所在地:千葉県市川市
賃貸面積(予定):約4万2000㎡
開設時期(予定):2014年初旬

ソース:楽天

+ プロロジス、兵庫県尼崎市でMonotaRO専用物流施設 「プロロジスパーク尼崎3」の起工式を挙行 - (06/11/2012)

物流不動産の所有・運営・開発のリーディング・グローバル企業であるプロロジス(日本本社: 東京都千代田区丸の内)は20121023日、株式会社MonotaRO専用施設「プロロジスパーク尼崎3」の起工式を兵庫県尼崎市の建設予定地にて執り行いました。

 

起工式には入居が決定している株式会社MonotaRO 瀬戸 欣哉 代表執行役会長、鈴木 雅哉 代表執行役社長をはじめ関係者の方々、設計・施工を担当する西松建設株式会社近藤 晴貞代表取締役社長や関係者の方々、プロロジスからは代表取締役社長の山田 御酒らが参列し、工事の無事と今後の事業の発展を祈願しました。

 

「プロロジスパーク尼崎3」は尼崎市に本社と既存の物流拠点を構えているMonotaROの業務拡大に伴う物流施設拡張ニーズにお応えし開発するもので、20139月の竣工を予定しています。

 

開発予定地「プロロジスパーク尼崎3」は関西の湾岸部の主要物流拠点エリアである兵庫県尼崎市、阪神高速道路・尼崎西インターチェンジより約1km、名神高速道路・尼崎インターチェンジより約5.4kmの地点に立地する計画であり、関西圏の主要な高速道路へのアクセスに優れていることに加え、大阪市および神戸市中心部にも至近なことから、非常に利便性の高い物流拠点として開発されます。また、阪神電車出屋敷駅より約210mと通勤にも至便な立地です。

 

施設計画概要

「プロロジスパーク尼崎3」は約20,000平方メートルの敷地に地上4階建、延床面積約44,000平方メートルの施設として開発されます。各階に車両が直接アクセスできるランプウェイを設けることで効率的なオペレーションを実現とすると同時に、災害時などにも各階から荷物の搬入出を可能としています。また、庫内に垂直搬送機と貨物用エレベータを設置し、利便性を高めています。プロロジスの標準仕様として外壁への断熱サンドイッチパネル、屋根にダブル折板を採用し、共用部にLED照明を採用することで、省エネにも貢献する施設として計画されています。 さらに屋上には、将来的に災害用発電機を導入できるスペースを設けると共に、屋上緑化の導入を予定しています。

 

関西地区のプロロジスパーク

プロロジスは関西地区において現在6棟のマルチテナント型施設、2棟のビルド・トゥ・スーツ(専用型)施設を運営中であり、今回の「プロロジスパーク尼崎3」の開発に加え、11月に「プロロジスパーク川西」(兵庫県川西市、楽天株式会社専用施設)を着工すべく、計画を進めています。

 

今後も関西地区、特に阪神間での先進の物流施設に対する根強いお客様のニーズにお応えし、地域における顧客サポートを拡充すべく、大型で効率的な物流施設の開発を進めていきます。

「プロロジスパーク尼崎3 概要

 

名称       プロロジスパーク尼崎3

所在地    兵庫県尼崎市西向島町75-1

敷地面積              19,972 m2(約6,042坪)

延床面積              43,962 m2(約13,298坪)

構造       S造(一部SRC造)、地上4階建

着工       201211

竣工予定              20139月末

 

 

 

+ GLP習志野と新砂をマルチテナント型施設にリニューアル - (02/11/2012)

【施設概要】リニューアル化によりマルチテナント型に転換

名称

GLP習志野

GLP新砂

所在地

千葉県習志野市芝園

Shinsuna, Koto-ku.

延床面積

23,564m2

47,014m2

竣工

19899

1987

リニューアル完了

20133月末

2012年末

リニューアルのポイント

照明設備の増強

・遮熱塗装

トラックバースの補強

・エレベーター改修

・防犯カメラ設置

・事務所、トイレ等作業環境の改善

GLPはエイチ・アンド・エムへネス・アンド・マウリッツ・ジャパン株式会社と「ロジポート川崎」の利用(約21,000㎡)に関する新規の賃貸借契約を締結しました。

ソース:GL プロパティーズ株式会社 (ベアロジで編集・翻訳)

+ 物件情報更新しました! - (02/11/2012)

主に埼玉の物件情報を更新しました!

ニュース・アーカイブ
 
日付別
• 2013
[06月] [04月] [02月] [01月]
• 2012
[12月] [11月] [10月] [09月] [08月] [07月] [06月] [05月] [04月] [03月] [02月] [01月]
• 2011
[12月] [11月] [10月] [09月] [08月] [07月] [06月] [05月] [04月] [03月] [02月] [01月]
• 2010
[12月] [11月] [10月] [09月] [08月] [07月] [06月] [05月] [04月] [03月] [02月] [01月]
• 2009
[12月] [11月] [10月] [08月]
 
カテゴリー別
• 中国の不動産
[2011] [2010]
• イベント
[2013] [2012] [2011] [2010]
• 日本の不動産
[2013] [2012] [2011] [2010] [2009]
• 物権の譲渡
[2013] [2012] [2011] [2010]
• 物流
[2013] [2012] [2011] [2010]