BearLogi
電話番号
03-6796-2826
 
News
Research
Contact Us
Company
Add News
 
 
 

日本のケーススタディ

ベアロジは、国内外のお客様のために、日本において以下のプロジェクトを成功させました。

物流施設のBTS (Build to Suit) プロジェクト:プロジェクトのサイト選定、設計、工事業者入札、建設及びプロジェクトマネジメントを行いました。

結果:プロジェクト費用を28%削減しました

利益:プロジェクトの質を落とすことなく、費用削減に成功しました

サイト選定:新築物流施設のサイト選定及び簡易評価を行いました。

結果:お客様の要望に合致した4ヵ所のサイトのソーシングに成功しました。

利益:土地が不足していること及びほとんどの大規模用地は決して「公開市場」に出ないことから、日本で立地の良い土地を調達するのは容易ではありません。

修繕見積:社内の建物設備担当者を派遣し、ベアロジは短期間で複数の物流施設の実地査定を行いました。

結果:20%以上のコスト削減が可能な項目を特定しました。また、緊急を要する項目以外にも建物のリスクを特定しました。

利益:独自の高品質なアドバイスにより、お客様はCAPEXの修繕を優先するとともにリスク戦略の準備を行うことができました。

デューディリジェンス:海外の投資家に代わり多数の不動産を調査しました。机上分析、フェーズI環境サイトの評価、及び建物の査察を行いました。

結果:フェーズIIで実施される土壌修復費用の予測とともに多数のリスク項目を特定しました。

利益:これにより投資家は、提案された取得及び将来のCAPEXの予測により正確な価格をつけることができました。

不動産投資に関するアドバイス:関東地域に焦点を当てた日本の物流不動産市場に関する報告を行いました。

結果:

これにより海外の投資家は、他では手に入らない英語での日本の物流不動産市場に関する情報を入手することができました。その内容には、市場の投資家、賃貸市場の状況、不動産取得機会及びM&Aパートナーのターゲット等も含まれていました。

利益:これにより、投資家は日本市場への参入のためのより集中した戦略を立て、潜在的なローカルリスクを回避することができました。